プライムスキャンのケース

2021年01月23日

大阪市の歯科技工所、デンタルバイオビジョンの辻です。
このコラムは主に口腔内スキャンのケースを扱っていく中での気付きや、設計のコツ、トラブル防止策、最新情報などをコラム形式でお伝えします。

この前のコラムで紹介したプライムスキャンのケースです。複数歯インプラントケースの場合は必ずインデックスフレーム(口腔内で印象用コーピングとレジン固定するためのフレーム)をプロビジョナル製作時または試適用レジンアップフレーム製作時の時に用意します。
そして、口腔内インデックス採得をおこなっていただき、インデックス模型を作ります。それにスキャンボディを装着してデスクトップスキャナーで読み込んだデータをトリオスデータの中のスキャンボディを装着したデータと入れ替えるのです。
これによって作業用の模型が無くてもインプラントケースの適合が担保されます。

210123_01.jpg

210123_02.jpg

back to list