DIGITAL TECHNOLOGY
× TAKUMI SPIRIT

大阪市のデンタルラボラトリー「デンタルバイオビジョン」はデジタルテクノロジーの魅力を最大限に引き出し、そこに我々が長年培った「匠」の知識と技術を活かした高精度で安定した品質の技工物を提供しております。
当社では複数あるCAD/CAMシステムを自社に合ったカスタマイズを施してスペックを最大限に引き出し、各々の症例に応じた使い分けをすることで最善の補綴設計と最良のマテリアルを用いた高品質の技工製作を目指しております。
また、当社は国内に流通しているすべてのインプラントメーカー(システム)に精通している歯科技工所です。
デンタルバイオビジョンの豊富な経験とノウハウは、ほとんどの補綴術式を網羅しています。
インプラント治療の術前診断から設計、製作までを一貫した技術で、あらゆるシステムに対応することができます。
日進月歩で進化するデジタルテクノロジーは我々歯科医療人に様々な恩恵をもたらしてくれますが、同じデジタル設備を持ち合わせていても必ずしも同じ製品を提供できるわけではありません。
なぜなら歯科技工物は各々の患者様にとって1つ1つが完全なオーダーメイドとなり、そこには匠の精神が宿っているからです。

「デジタルテクノロジー」×「匠精神」

こそが当社の礎なのです。

The latest digital equipment that
provides highly accurate & technical dental systems. 精度の高い技工物を提供する最新のデジタル設備

CAD SCANNER

CAD SCANNER

3shape E3

3shape E3

Eシリーズスキャナ
500万画素カメラ2台搭載、青色LEDとマルチビームスキャンの技術を融合させたことによって、模型の細部まで完璧に捉えます。
高速スキャンで、より短時間で多くのオーダーをこなすことができます。
「自動スタート機能」により、スキャナに模型を設置すると自動的にスキャンが始まります。
トゥースライブラリは数種類の弊社オリジナルを登録している。
モデルビルダーソフトも搭載している。

Original tooth library
3Shape E3 を使用した症例
Half layered Zirconia Ceramic Crowns ジルコニアクラウン ハーフレイヤリング / 担当医師 Dr. H.KOBAYASHI
ジルコニアクラウン ハーフレイヤリング

PMMAプロビジョナル製作時のCADデータをもとにジルコニアCrにオーダーフォームを変更し、切縁から下2/3をカットバックしたフレームデザイン

ジルコニアクラウン ハーフレイヤリング

マルチレイヤージルコニアディスクを用いてジルコニアフレームミリングをおこない、カットバック部をレイヤリングすることで、プロビジョナル時のエマージェンスプロファイルを忠実に再現できる。

ジルコニアクラウン ハーフレイヤリング
Aadva scanner 3shape

Aadva scanner3shape

D810スキャナ
歴代の3shapeスキャナの中でも名機と呼ばれている。
カスタムアバットメントはチタン製、ジルコニア製(2ピースタイプ)があり、
スクリュー固定用チタンベースのライブラリも多くのインプラントシステムに対応している。
常にアップデートされたDental Systemにより、Crown&Bridge、Implant Prosthetic、Diagnostic等様々な用途に対応している。

Screw Retain Zirconia
(Monolithic Zir + Titan Link)
Aadvaスキャナーを使用した症例
Screw-Retain Zirconia Prosthetic (Multiple Type) スクリューリテイン ジルコニア / 担当医師 Dr. S.ONO
スクリューリテイン ジルコニア

前歯部はレイヤリングジルコニア、臼歯部はモノリシックフルジルコニアとしたフレーム設計をおこない、ミリング加工、シンタリングもすべて自社でおこなう。

スクリューリテイン ジルコニア

フレームミリング加工後、シンタリングリキッドを用いてフレームカラーリングをおこないシンタリング焼成。

スクリューリテイン ジルコニア

シンタリング後、フレームを調整し前歯部レイヤリング。臼歯部も含め、アウターステインで最終色調再現をおこなう。
仕上げ後、フレームとチタンベースをインデックス模型上で接着する。

スクリューリテイン ジルコニア
CARES dental wings

CARESdental wings

straumann

DentalWingのスキャナを使用している。
Synergy Link機能を用いれば、チェアサイドとラボサイドがオンタイムでつながり、相互で確認しながら最終補綴を想定したインプラント埋入計画が立てられる。
CARESカスタムアバットメントはオリジナル・オン・オリジナルコンセプトのためにコネクション部を高精度に前加工したブロックを既成のアバットメンントと全く同じ構造・寸法法のコネクションを持つので精度に優れる。
ワンステップ補綴ソリューションとして、1度のスキャン、設計でアバットメント上の上部構造をe.maxやジルコニア、PMMAで同時設計、同時製作ができる。

Synergy Link
CARESのラインナップ
  • CARESアバットメントとバリオベースアバットメント

    オリジナルのロゴマークがレーザーマーキングされたCARESアバットメントとバリオベースアバットメント。

  • 単独歯用バリオベース

    単独歯用バリオベースはチムニー高さが3.5mmと5.5mmの2種類から選べる。

  • X-Streamコンセプト

    X-Streamコンセプト
    カスタムアバットメント(チタン、ジルコニア、バリオベース)と上部クラウンをe.maxやジルコニアで同時設計、同時製作するワンステップ補綴ソリューション。

  • 平行性が取れない症例にも幅広く対応

    SRAアバットメントでの角度補正(17°、30°)とバリオベースコーピングの側壁が30°であることから2本以上のインプラントに対して最大60°まで使用可能になることから、傾斜埋入によりインプラント同士の平行性が取れない症例にも幅広く対応することができる。

CARESを使用した症例
Screw-Retained Zirconia Prosthetic (Single Stand) スクリューリテイン ジルコニア / 担当医師 Dr. M.WADA
スクリューリテイン ジルコニア

ストローマンインプラントにCARESを使用してバリオベースを用いたスクリューリテインダイレクトの上部構造を製作した症例。

スクリューリテイン ジルコニア

ジルコニアフレームに直接陶材をレイヤリングする。
前歯部でもスクリューアクセスホールが舌口蓋側に位置するケースは、ダイレクトで締結されることから余剰セメントに悩まされることもなく、シンプル構造な上部構造設計ができる。

スクリューリテイン ジルコニア

スクリュー固定式の最終上部構造完成。

GeneonⅡ

GeneonⅡ

Nobel Biocare

CADソフトはexocadを搭載。
プロセラの名称で知られ、カスタムアバットメント、インプラントブリッジフレーム(PIB)をチタン、ジルコニア両方で製作可能。
オーバーデンチャーバーフレームデザインも多種多様である。
ノーベルクリニシャンのスマートフュージョンテクノロジーにより、CTデータとラボサイドでおこなったワックスアップ&模型のサーフェスデータを融合させて、インプラント埋入計画及びサージガイド製作までおこなえます。

SmartFusion
  • ノーベルクリニシャンでコンバート

    ノーベルクリニシャンでコンバート

  • マッチング

    マッチング

  • プランニング

    プランニング

  • サージカルテンプレート

    サージカルテンプレート

GeneonIIを使用した症例
Layered Zirconia Ceramic with ASC Abutment ASCジルコニア上部構造 / 担当医師 Dr. E.SUZUKI
通常のアバットメントによるスクリューアクセスホール

通常のアバットメントによるスクリューアクセスホール。インプラント長軸から垂直に貫通する。

ASCアバットメントによるスクリューアクセスホール

ASCアバットメントによるスクリューアクセスホール。インプラント長軸に対して最大25°まで内側に位置を変更することが可能となる。

アバットメントの比較

同じデザインで通常のホール位置(右)とASCによってホール位置を内側に変更した(左)アバットメントの比較

ASCアバットメントによるインプラントダイレクト上部構造
ASCアバットメントによるインプラントダイレクト上部構造

通常のアバットメントによるスクリューアクセスホール。
インプラント長軸から垂直に貫通する。

ASCアバットメントで25°内向きに角度補正する。

ASCジルコニア上部構造
Aadva Lab Scan

Aadva Lab Scan

CADソフトはexocadを搭載。
カスタムアバットメントはAadvaスキャナー同様のラインナップだが、最大の特徴は独自のキャプチャリングメソッドによって、インプラントブリッジの適合精度が非常に優れていることだろう。

Aadva Lab Scanを使用した症例
Porcelain Layered Titanium Implant Bridge チタン製インプラントブリッジ / 担当医師 Dr. I.OKUNO
  • Aadva Lab Scanを使用した症例

    レジンアップを読み込み、カットバックラインを設定する。

  • Aadva Lab Scanを使用した症例

    均一なカットバックを3次元的に確認することができる。

  • Aadva Lab Scanを使用した症例

    口腔内試適したレジンアップフレームはそのまま残るので最終形態確認の参考とする。

  • Aadva Lab Scanを使用した症例

    ミリング加工されたチタンブリッジ。極めて高い適合精度のフレームが製作されている。

  • Aadva Lab Scanを使用した症例

    スクリュー固定式の最終上部構造完成。

  • Aadva Lab Scanを使用した症例

    最終上部構造装着時のパノラマ画像。
    高い適合精度が確認できる。

CAM MACHINE

CAM MACHINE

Maxx DS200-5Z
Robots and Design

Maxx DS200-5Z GO2dental cam for dental labs

5-axis system for precise dry milling
DS200-5Z is capable of milling all soft materials, including zirconia, hibird ceramic, ultimate, wax, PMMA and many others. 5-axis simultaneous external milling can express detailed expression of incisor of teeth.

CAM MACHINE
INTRAORAL SCANNER

INTRAORAL SCANNER

3Shape TORIOS
3shape

TORIOS

THREE SOLUTIONS IN ONE
Realcolor 3D Digital Impressions
Intraoral Camera
Shade Measurement

INTRAORAL SCANNER
INTRAORAL SCANNER