Intraoral scanners are at the
forefront of
digital solutions for
dental technologies.

口腔内スキャナー

口腔内スキャナーは、口腔内を小型カメラで撮影し、そのデータをもとにコンピュータを介して立体画像を再現し、モニター上に映し出す装置です。
光学印象とも呼ばれ、口腔内の細部まで精密に捉えることができるので、必要な情報を正確に伝えることができます。

つまり、形態をそのままデータ化することができるので、遠隔地の歯科医師や歯科技工士との情報交換が容易になります。
またデータを集積することができるので、歯科治療法の発展にもつながるでしょう。

患者様にとっても快適で高効率な環境を構築するデジタルソリューションの未来形といえるでしょう。

モデルレスの試み

従来法で起こした石膏模型は患者個々の重要な情報となるため保管することになりますが、欠点として模型の破損、劣化が考えられ、多くの患者様の模型を長期間保存するとなると非常に多くの模型を保管することになるので保管費用が発生します。
デジタルデータの場合だと、保管スペースは必要ありません。
模型化したい場合のみ3Dプリンターモデルとして起こすことができ、もし破損や紛失してもデータがある限り何度でも製作可能です。

すべては患者様のために

口腔内スキャナーを利用すると

  • 診療時間の短縮

  • トータルコストダウン

  • 洗浄や滅菌の手間いらず

  • 製作技工所が遠隔地でも
    変わらぬ品質と納期

  • 精度向上

  • リアルタイム可視化が可能

圧倒的な診療時間短縮につながります
01

Reduce medical time 圧倒的な診療時間短縮に
つながります

口腔内スキャナーを利用すると、従来の印象法よりも時間短縮が可能になることで、総診療時間を短縮することになります。

具体的には、トレーの洗浄や滅菌が不要で、印象材を準備したり、硬化待ちの時間も必要ありません。

高い精度の技工物を提供
02

High quality prosthetic 高い精度の技工物を提供

デジタルデータなので、従来法に起こりえた材料の寸法変化による精度の低下やテクニカルエラーを最小限に回避できます。

リアルタイムでの可視化により、再スキャンも容易なのでスキャンエラーがあればすぐに対応できるという利点もあります。

遠隔地の方の利便性が革新的に向上します
03

Improve convenience 遠隔地の方の利便性が
革新的に向上します

すべてがデジタルデザインなので必要に応じてデータのやり取りのみで設計過程を確認できます。
3ShapeコミュニケートやTeamViewerを用いれば遠隔地でありながらリアルタイムでデザインを確認することも可能です。
スキャンしたデータを送るだけなので、発送費用や梱包にかかる手間を省けます。

トータルコストダウンにつながります
04

Cost reduction トータルコストダウンに
つながります

口腔内スキャナーを利用することで、これまで使用していた印象材や石膏が必要なくなります。

また、歯科技工所に送付していた送料や、梱包の手間もかからなくなり、トータルコストは圧倒的に安くなります。

CASES

Case by intraoral scanner
( Non Model Case )
症例紹介

症例紹介
  • Monolithic Zirconia MOD Inlay
    フルジルコニアMODインレー
  • PMMA Provisional Fixed Cr
    PMMAプロビジョナルブリッジ
  • Telescope Full Zirconia Cr
    テレスコープ外冠フルジルコニアCr
  • Screwretained Full Zirconia Bridge
    スクリューリテインフルジルコニアBr
MORE
QUESTION and ANSWER

よくある質問

口腔内スキャナーで何ユニットくらいの症例が対応可能でしょうか?

モデルレスを前提とした場合、天然歯補綴は6ユニット程度、インプラント症例ですと3~4ユニットが目安になります。
基本的にこれらはモノリシックジルコニア(フルジルコニア)で対応致しますが、前歯部を主に、ポーセレンレイヤーが必要な場合は3Dプリンタモデルも用意いたします。

口腔内スキャナーの症例に用いる補綴物マテリアルはどのようなものがありますか?

プレスインレー&アンレー、ジルコニアインレー&アンレー、プロビジョナル(PMMA)、モノリシックジルコニア(フルジルコニア)、ポーセレンレイヤージルコニア、チタンカスタムアバットメント、ジルコニアカスタムアバットメント、ペクトンアバットメントなどが扱えます。

インプラント症例の場合、どのスキャンボディーを使用すれば良いのでしょうか?

スキャンボディ+ライブラリー+チタンベース(リンク)のセットとなりますので、ご使用になるインプラントシステムによっても異なることから、事前に弊社までご相談ください。

納期はどのくらい必要でしょうか?

設計内容とユニット数によってことなりますので、都度弊社までお問い合わせいただくか、データ送付時から2週間後の納期をいただければほとんどは製作可能です。

お預かりから完成までの流れ

1TRIOSの場合

1TRIOS以外の場合

1TRIOSの場合3Shapeに登録

3Shapeに登録
  • 01

    3shapecommunicateにログインするためには初期登録が必要です。
    https://portal.3shapecommunicate.com/にアクセスし、Log in your accountにあるcreate new accountを開いてステップ1から入力します。

  • 02

    パスワードには、大文字、小文字、数字、特殊記号(例:@または#)の4つの文字種のうちの3つが含まれている必要があります。長さは8文字以上でなければなりません。

  • 03

    TRIOSのドングル番号を入力します。

  • 04

    歯科医院はPracticeを選択します。
    これで登録は完了します。

  • 05

    登録後のログイン画面

  • 06

    ログイン後Connection画面を開き、Add Connection からdentalbiovisionを入力してください。

  • 07 Communicateの設定

    Add Connection 完了後、TRIOSを起動させて「設定」→「技工所接続」からdentalbiovisionを選択→「communicateの設定」を開き、登録したメールアドレスとパスワードを入力すれば完了です。

1TRIOS以外の場合

STLデータに変換し、メールで送付してください。
変換の仕方がわからない場合は直接お問合せください。

2

技工指示書(指示書)をメール添付していただく

データの未達や見過ごし、紛失等を避けるために必ず電話もしくはFAXにてご一報ください。
指示書はホームページよりダウンロードしていただけます。

3

確認出来次第担当者よりメールにて連絡

データの確認と設計内容確認のためにご連絡させていただく場合があります。

4

製作

5

納品